娘のしつけはどこからいじめなのか、確かめる方式はあるのか?

お子さんを虐待して死なせる両親が、最近はあまりにも多いように感じます。暴力で死なせたり、ネグレクトが過ぎて餓死したり。中にはネグレクトが原因で病死やるお子さんもいるかもしれません。とっても可哀想なことです。暴力でお子さんを死なせる両親はだいたい、しつけのつもりでやった、といいます。では、果してしつけとは何なのでしょうか。しつけとは、していいことと悪いことをお子さんに知らせることです。ということは、とりあえず両親がしていいことと悪いことの変化を知っておく必要があるということです。それをお子さんに言い聞かせる、それがしつけだ。たたくのはリーサルウェポンだ。たたくとしても、それはあくまでも言うことを聞き流すと罰を乗り越える、ということをわからせるためのものであって、お子さんにけがさせるような叩き奴はDVだ。またお子さんの心に消えないケガを仕掛けるのもDVだ。おそらくお子さんを虐待する両親は、自分もDVを受けて育ったといいます。不幸なお子さんだった両親が不幸なお子さんを育ててしまう。こういうやるせない回転を押さえる宜しい計画があればいいのに、とつくづく思います。世界から不幸なお子さんがいなくなったらいいのに、そう願います。