少年舞妓・千代菊がゆく!花見小路におこしやすの続きを読みましたよ。

ヒロインの美希也が逃げ出した舞妓の代わりに、お座敷に見つかるための準備をやる所です。
髷を結うのとメークまで終わりました。
次はかんざしをさします。
花かんざしはひと月罹るそうです。
シーズンを髪装身具にも持ち込むという心づかいがあるそうです。
月ごとにどのかんざしかは決まっているみたいです。
文献では祇園祭のときの話なので、祇園祭のら塗るかんざしに変わるみたいです。
祇園祭のかんざしは団扇の装身具がついた涼しそうなかんざしだそうです。
銀色の装身具偽造が贅沢で夏季らしく涼しそうな色つやらしいです。
右前にはプラチナのビラをさします。
ヒロインの在宅の吉乃在宅の家紋、桔梗が透かし彫りになっているみたいです。
ビラの裏には祇園の舞妓だけが塗り付ける緑の珠を輪に連ねたかんざしを指すそうです。
左前とセンターに祇園祭の団扇のかんざしをさすそうです。
将来現に見てみたいだ。
これで何とか風貌と心が出来上がりました。
美希也は鏡の中間のわたしを見て、自然に舞妓ちゃんの謳い文句が出てきてました。
自然に切りかえれるなんて、凄いですね。
これから仕上がりますね。
続きが極めて楽しみです。キレイモ 月額制